働くためには

働くために、仕事のスキルを身につけることはもちろん、面接や社会の

マナーなどを学んだり、その方の家庭環境や、生活習慣をみて、改善していくお手伝いも

大切だと考えています。
 
一日の振り返りの記録だったり、休憩時の雑談の中から様子を聞いたり、特別な時間を作って相談を

受けることもあります。生活習慣が安定している人は作業にも集中して取り組めているように思いま

すし、例えば睡眠時間が不安定な人は作業に影響してしまうということもあります。その方の全体を

把握して必要な力を身につけられるようにしていくことはとても難しいことだと改めて感じていま

す。生活リズムをととのえることはとても重要なことです。