ルールについて

目

ルールについて


「ルール」って、いろんな場面で出てきます。


 訳も分からないうちに「ルールを守って!」なんて怒られたら・・・?


 ルール守らないなら遊ばない!」なんて言われたら・・・?

「ルール」自体が嫌なものに思えてきませんか?

 友だちとも遊びたくなくなりませんか?

 YYでは、遊びやゲームの最初に、「ルール」の確認をします。

 
 共通の認識があってこそのルールですから。


 ルールは多くて3つまで。文字やイラストで見せたり、

 実演したりしてルールの把握をサポートします。

 ゲームの途中で逸脱した行動があれば、振り返って確認もします。

 「ルールを理解する→守る」の経験と、

 「守れた!」「楽しくできた!」「気持ちよかった!」

 の気持ちの積み重ねが大切だと思います。

「ルールがあるとみんなが楽しめるんだ!」

 そんな発見の鍵が見つかるといいな〜なんて思います。

 
 さらに世の中には「暗黙のルール」なんてものも存在するからややこしい。

 場面学習でいろんな経験を積んで、こんな場面ではこのルール、

 あんな場面ではこのルール、という具合にいろんな場面のルールも

 学習していけたらいいな〜と思います。