拘置所を見学しました

先日、名古屋地方検察庁と名古屋拘置所見学会に参加しました

罪を犯した人も遅かれ早かれ地域生活に戻る人であり

その中には障害を持った人たちも多く含まれています

検察庁では地域生活への復帰の取り組みに力を入れているとのことでした

あらゆる面で、自由が制限される環境の中においても

受刑者の権利を守る意識が高く保たれていることが印象的でした

触法障害者支援に取り組む際に、拘留、受刑中の暮らしを知っておくことは

とても有益だと感じました