「マスク」つけてみませんか。

新緑のさわやかな五月。
でも、新型コロナウイルスの感染拡大予防で
外出は自粛、そして 手洗い、マスク(咳エチケット)、
ソーシャルディスタンシング、三密の回避が必要とされ、
利用者様にお出かけを楽しんでいただくために
花音の支援には 変更や、工夫が伴います。
行先も時間も限られてきました。
写真やカードでスケジュールをていねいに伝えます。
変更に対しての利用者様の反応にも注意を払います。

支援員の間で 「マスク」のことが取り上げられました。
感覚過敏などでつけることが難しい方もいらっしゃいます。
「無理かな〜」と思いつつも、話し合いの結果
もしかしたら世の中マスクをIMG_0007.JPGつけた人がとても多くなったから
目からの情報の変化で納得できるかもしれない。
取りあえず、支援者が
@本人の前でマスクをつけるのを見せる
A次に(マスク嫌なのはわかるけど)と心の中でつぶやいてから
 マスクをそっと差し出す。
 断られたら、やめる。でも、次の支援でまたおすすめをしてみるIMG_3196.JPG
 これを支援の前にやってみようという事に

 思いがけず マスクをつけて外出できた方がいらっしゃいました。

利用者様も緊急事態の中の変化を受け入れてくださっています。